2014年07月17日

猫背をリセット!肩こり解消にポールでストレッチ

shutterstock_82709011.jpg

美しい姿勢をつくるためには胸郭の可動性が重要なのですが、特に胸椎部分は可動域が
減少しやすい部位なので、ココにアプローチすることが重要になってくるのです。
可動域を引き出しながらインナーマッスルを鍛えて美しい姿勢ラインをつくっていきます。
また、胸郭の動きは肩甲骨の動きにも影響を与えます。
肩こりや肩が上がってる方などは、胸郭を緩めることで
肩甲骨の可動域が大きくなって肩こりが改善されたり、可動域を引き出しながら使う筋肉の
バランスを変えて肩、背中のラインが変わります。

胸郭の動きが大事なことが少し分かっていただけたかなぴかぴか(新しい)るんるん

胸郭の可動域を引き出していくのにポールがとっても便利なのでございます。
DSC_1747.jpg

DSC_1749.jpg

使い方はBonitaの体験レッスンでお伝えもしますので、お家に眠っているポールを
お持ちでしたら是非、体験レッスンにお越しくださいませかわいい







posted by Junko at 13:19 | 京都 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

夏もすぐ目の前、背中、二の腕引き締めましょう!

ぴかぴか(新しい)るんるん薄着の季節になると気になるのが腕。上着を脱いでも恥ずかしくない腕になりたいですよね。
特に気になるのが腕の後ろ側から肩、背中にかけてのたるみ。前側の筋肉(上腕二頭筋)
は物を取ったり、荷物を持ったりと普段からよく使われていますが、後ろ側の筋肉(上腕三頭筋)
は普段の動作ではあまり使われていない為、たるみ易い部分なのです。腕の筋肉は肩甲骨にも
着いているので肩甲骨の動きが悪くなると背中のたるみだけでなく、腕もたるんでしまいます。
ほっそり引き締まった二の腕をつくるためにも肩甲骨を動かす筋肉に刺激を与えて腕と背中を
同時に引き締めていくと美しい腕のラインが目指せます。

DSC_1695.jpg DSC_1697.jpg 
つっぱり棒やフェイスタオルを持って腕を上げ下ろしするだけ!
でも、これがなかなかキツイ(笑)
腕を下す時は、肩甲骨を下げながら背骨に寄せていくようにゆっくり筋肉の収縮を
感じながらやりましょう。
上げる時は、肩から先に上って行かないようにちょっと下げたまま耐えましょう!
上げる位置は頭より前にでないコト!ここ大事です。
10回繰り返して、背中の筋肉が真ん中に寄せられたかんじがしたらOK
2〜3セットするといいです(^_-)-☆
腕もつらくてびっくりですよ(笑)
毎日のエクササイズに取り入れてみてくださいねるんるんグッド(上向き矢印)





posted by Junko at 13:11 | 京都 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

ストレッチポールを使ってリセットしましょう

DSC_1747.jpgぴかぴか(新しい)かわいい
ポールに寝転んで手の平を上向きにしてお尻の横から頭の方へ
大きく円を描くように腕、肩甲骨を動かします。
ポールを使ったストレッチは、他の筋肉に負担もかけずとても楽にできるので
便利です。
1日デスクワークをして崩れてしまった姿勢をリセットするのに便利です。

次回も他の方法をアップしますねるんるん


posted by Junko at 18:04 | 京都 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。